光・オゾン酸化分解装置

商品のご案内

Products

≪ 排水処理 ≫

排水処理
光・オゾン酸化分解装置
薬品不使用の酸化装置
紫外線とオゾンの塀用による強力な酸化力で、有害なシアン化合物や有機物を分解する装置です。廃水の脱臭・殺菌も可能です。
光・オゾン酸化分解システムは、処理過程で薬品を全く使用しません。薬品補充の手間が要らず作業の安全性も確保できる上に、環境保全に貢献します。
特徴
1.薬品を使わない
紫外線とオゾンの併用による強力な酸化力でシアン化合物・有機物を分解します。処理過程で薬品は一切使いません。産業廃棄物の減量化が可能です。

2.有機塩素化合物が発生しない
塩素を使わずにシアン化合物・有機物を分解するので、処理水中に有害なトリハロメタン等の有機塩素化合物を副生しません。

3.処理水中の塩類濃度が増加しない
処理過程で除外薬品を使わないので、イオン交換樹脂による処理水のリサイクルが容易です。

4.処理水中にバクテリアが発生しにくい
紫外線とオゾンの処理でプールの水や景観池水等の殺菌処理が可能です。

5.COD成分の酸化分解ができる
有機化合物に由来するCOD成分の酸化分解が可能です。従来の活性汚泥処理の能力向上が可能となります。

6.活性炭のライフが長くなる
紫外線とオゾンで酸化されたCOD成分は分子量が小さくなるので、活性炭への吸着効果が向上し、活性炭の運転時間が長くなります。オゾンの分解した酸素は、活性炭表面に生息するバクテリアの活性を高めます。
用途
1.シアン含有廃水の処理
シアン系メッキ水洗水等の廃水処理に適しています。

2.工場廃水のCOD除去
有機性汚濁物質の分解処理及び、活性炭サイクルの向上が可能です。

3.廃水の再利用
光・オゾン酸化分解装置とイオン交換樹脂塔・活性炭塔の併用で、シアン廃水・有機性COD含有廃水を再利用できます。

4.上水・工業用水・廃水の殺菌
上水、工業用水、廃水の脱色・脱臭・殺菌ができます。
URL
仕様
装置はお客様のニーズに合わせて設計致します。

処理水量の規模 1〜5m3/Hr.
処理対象の汚濁濃度
(紫外線・オゾン酸化の適応物質に限る)
COD 30〜1500(mg/L)
CN- 15〜50(mg/L)
N-ヘキサン 50〜100(mg/L)


【光・オゾン酸化装置設置例】
適用条件
1.懸濁物質濃度が500mg/L以下であること。
(但し、この処理の初期段階で透明度が上がれば適用可能です。)

2.処理対象廃水の着色度が大きい場合(透明度40cm以下)には適用が困難。
(但し、この処理の初期段階で透明度が上がれば適用可能です。)

3.対象となる排水中に浮上分離性汚濁成分を含有する場合には、事前に検討が必要です。(油分、発泡性成分、顔料、浮遊性微細物質など。)

4.この処理は酸化分解反応を利用した技術なので中和処理、還元処理並びに凝集処理には適用できません。

5.有機性汚濁排水のCOD/BOD=1.5以上の場合には、当処理方法は有効と判断できます。
(澱粉、タンパク質、糖類等の高分子化合物は現段階では処理が難しい。)
 

Produced by delight.ne.jp

表面処理の三明化成

表面処理の専門商社|国内・アジア各国における製造業のパートナー|SANMEI GROUP