会社沿革
メッキ・表面処理なら三明化成

会社案内

Company Profile
会社沿革
昭和23年昭和8年設立の三明化学株式会社の経営に尽力してきた木村清に三明の称号を使用することが認められ、木村清が創業者となり品川区西五反田に工業薬品販売を行う三明商事株式会社を資本金18万円で設立。
昭和27年川崎市堀の内に川崎営業所を開設。
昭和33年三明商事株式会社は、三明化学株式会社を同社の経営事情により吸収合併し、社名を三明化成株式会社に変更。資本金300万円となる。
昭和35年資本金500万円に増資
昭和38年資本金1000万円に増資
昭和42年相模原営業所を開設
昭和43年旧三明化学株式会社より引継いだ農薬製造販売事業を分離・独立させるため、三明ケミカル株式会社を資本金1000万円で設立。
昭和44年資本金2000万円に増資
昭和62年北関東営業所を開設
昭和63年川崎市メッキ工業協同組合団地内の京浜鍍金工業所を吸収合併し資本金2100万円となる。また同組合に加入し川崎営業所を現在地に移転、更に大崎より小分けセンターを川崎営業所に移転。
平成2年岩手営業所(東北営業所に呼称変更)を開設
平成4年お得意様へのサービス向上、社内合理化を図るため、大崎小分けセンター跡に新社屋を建設、西五反田本社より営業及び業務・総務部門を移転。
平成5年サーフィルコ社(米国)製品の輸入販売開始
平成6年物流部門強化の一環として山梨営業所を開設
平成7年シフコ社(米国)製品の輸入販売開始
平成8年三明国際有限公司を香港に設立
平成10年西日本サービスセンターを愛知県豊川市に開設
平成13年昭和58年に長澤商店と合弁で設立していた福島三明株式会社を合弁先の事情で解散、業務継続を図るため福島営業所を設立。
平成16年大崎地区再開発に伴い、大崎本社の総務部門を西五反田三明化成ビル、営業・業務部門を川崎本社として京浜ビルに移転、倉庫配送部門を川崎営業所と付近の倉庫に各々移転。
平成17年西日本サービスセンターを岐阜県羽島市に移転し西日本営業所として営業開始
平成18年ISO9001:2000を取得。タイ三明をタイのバンコクに設立。
平成19年三明国際の子会社となる三明(広州)商貿有限公司を広東市天河区に設立。山形倉庫を山形県天童市に開設。
平成21年川崎市メッキ工業協同組合員の株式会社朝日電化を吸収合併し、小分けセンターを改装し川崎工場とし、川崎本社及び付近の倉庫を川崎営業所に集約する。
平成25年ベトナムのハノイに三明ベトナムを設立
Produced by delight.ne.jp

表面処理の三明化成

表面処理の専門商社|国内・アジア各国における製造業のパートナー|SANMEI GROUP